設備のご紹介

フィジカルアセスメント人形

フィジカルアセスメントとは身体を総合的に診察・評価・判断することです。身体診察を生活する人間としてとらえ情報を総合的にアセスメントし、ケアの評価につなげていくところが、看護におけるフィジカルアセスメントです。本校では、「フィジコ」「ラング」を用いて講義・演習を行っています。

  • フィジカルアセスメントモデル「フィジコ」

    フィジカルアセスメントモデル「フィジコ」

    ①コンピュータと連動して総合的にフィジカルアセスメントの基本診察手順を学びます。
    ②瞳孔反射・血圧測定・脈拍・聴診(呼吸・心音・腸音)を体験します。
    ③心電図の診かたを学びます。

  • 呼吸音聴取シミュレーター「ラング」

    呼吸音聴取シミュレーター「ラング」

    聴収しにくい呼吸音を鮮明に表現します。呼吸のフィジカルアセスメントの学習に効果的です。
    ①コンピュータと連動して正常な呼吸音・異常呼吸音を学びます。
    ②疾病による異常呼吸音の聴取も学ぶことができます。

  • 万能型実習モデル「さくら」

    万能型実習モデル「さくら」

    摘便、直腸内与薬、胃ろうケア、中心静脈栄養ケア、点滴・静脈注射実施時のケアなど、看護師教育新カリキュラムの技術項目に対応する実習項目が充実しています。

  • 実習ユニット&吸引モデル人形

    実習ユニット&吸引モデル人形

    CPS実習ユニットは酸素吸入・吸引が実践できる移動式ユニットです。自力で痰の喀出ができない患者様の痰の吸引を、CPS実習ユニットと吸引モデルに模擬痰を使用することで、吸引カテーテルの挿入・吸引圧の調節など吸引技術を演習で学習します。

  • 採血・静注シミュレータ

    採血・静注シミュレータ

    採血手技・点滴静脈内注射・静脈内注射手技をこの1台でトレーニングできます。

  • 保育器

    保育器

    保育器に収容中の新生児の観察方法や窓より手を入れてのケアを講義で学習します。

  • 沐浴槽・沐浴人形

    沐浴槽・沐浴人形

    「沐浴」は母性実習で実践するため、新生児と同じ体重の沐浴人形を用いて、「赤ちゃんの抱き方」「沐浴手順・計測」を講義・演習で学習して実習に臨んでいます。

  • 電動介護リフト

    電動介護リフト

    ベッド周りでの移乗だけでなく排泄介助やリハビリなど、在宅現場では使用目的に応じより多くの場面でリフトを活用することが可能です。看護・介護従事者の腰痛予防と安全・安心な環境づくりを体験します。