在校生・卒業生の声

在校生からのメッセージ

H.Hさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

私は経済的な理由から働きながら学校に通おうと思っていました。進学先を決めるうえで働きながら看護師免許を取得するには学業と仕事を両立する必要があると考えました。上板橋看護専門学校は奨学金制度が充実していることや、他校に比べ教員の人数が多く、手厚い指導が受けられることに魅力を感じ、進学を決意しました。

メッセージ

入学前は新しい環境に馴染めるかとても不安でした。しかし、いざ入学してみると、担当教員と個別に面談ができ、自分の不安についてアドバイスをいただきました。また、先輩方との交流会があり、学校生活や仕事について実際に話を聞くことができました。学校と仕事にととても忙しい日々を送っていますが、恵まれた環境であり、とても充実した日々を送っています。進学を考えている皆さん、ぜひ私達の学校に入学し、一緒に看護師を目指しましょう。

M.Uさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

准看護専門学校での実習中、自分が患者様にできることの少なさを感じ、より広いケアを学びたいと思ったのが進学を決めたきっかけでした。上板橋看護専門学校は国家資格取得のための講義はもちろん、実習施設が医療機関にとどまらず、保育園や訪問看護ステーション等自分自身の可能性を広げてくれる教育課程が組まれていることが志望の動機です。

メッセージ

上板橋看護専門学校には性別、世代も様々で中には実際の准看護師としての勤務経験のある学生もおり、講義以外にも卒業から実際の勤務までを含む准看護師としてのリアルな知識を「広く深く」得ることができ、入学したばかりの私は毎日内容の濃い学校生活を送っています。また、秋には学園祭もあり、学生としての楽しみも用意されています。受験をお考えの皆さんも上板橋看護専門学校で一生の仲間、一生の知識を得ませんか。

Y.Sさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

知人の紹介により上板橋看護専門学校を知りました。実際の学校見学に行き、まだ設立して間もないため、施設や実習室も新しいことや、閑静な場所に学校があることから学習環境として良いかなと思いました。また、慈誠会グループの奨学金もあり、働きながら通学できる点で自立した生活を送れるところが自分にピッタリと思い、進学を決意しました。

メッセージ

クラスは年齢層が幅広く、なかには臨床経験も長い人もいるため、グループワークなど様々な意見が聞けて、周囲の方々から学べることがたくさんあります。しかし、働きながら通学することは大変です。そんなときはクラスメイトとご飯を食べに行ったりしてストレス発散しています。2年生になり実習に向けた課題も増えて毎日が忙しいですが、皆と国家試験合格に向かって頑張ります。

Y.Kさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

新しい医療技術・新薬の開発など近年の医療現場は目まぐるしく進化しています。それに伴い、看護師に求められる知識・技術も大変高度化しており、高い専門性を持つ医療技術職として今後益々重要な役割を担っていくでしょう。准看護師としてでも看護に携わることは出来ますが、これから複雑化する臨床現場および患者様からのニーズに十分に応えられる専門知識を得たいと思ったのが、私が進学を決意した理由です。

メッセージ

これから進学を考えている皆さんは、既に臨床経験のある方や現在准看学校在学中の方など様々だと思います。私たち6期生も、経験も年齢も幅広く環境も様々ではありますが、同じ目標に向かって日々互いに刺激し合い、切磋琢磨しています。新しい環境に飛び込むことは不安も大きいと思いますが、上板橋看護専門学校にはフォローして下さる先生方や頼りになる先輩、励まし合えるクラスメートがたくさんいます。進学を考えている方は是非上板橋看護専門学校にいらして下さい。共にステップアップしましょう。

卒業生からのメッセージ

S.Aさん

在学中の思い出

私は家庭があり子どもがいます。上板橋看護専門学校は年齢層の幅が広いですが、みんなで助けあいとても仲がよかったです。私の在学中印象に残っていることは、学園祭と実習です。学園祭では実行委員を務め、模擬店の責任者として奮闘しました。先生とも和気あいあいと楽しい時を過ごしました。だから、学園祭の打ち上げでは達成感でいっぱいでした。実習では苦労を共にしてグループの絆が深まりました。夢を叶えるために仲間で支えあったことは、私の宝物です。

現在の勤務先

現在は希望していた榊原記念病院の小児病棟に配属となり勤務しています。まだまだ仕事は慣れませんが、毎日新しいことを学んでいます。

休日の過ごし方

休日はリフレッシュするために、好きな宝塚を観劇したり、普段忙しくてできない家族サービスをします。

看護師を目指す方へメッセージ

上板橋看護専門学校での学生生活は、とても居心地がよかったと実感しています。信頼できる仲間と、私達を尊重してくださり親身に相談にものっていただいた先生方のおかげで、看護師となることができました。看護師を目指しているみなさんも、是非がんばってください。

N.Tさん

在学中の思い出

働きながら学校に通うことがとにかく大変でした。実習では患者様の個別性に合わせた看護が思うようにできず、悩むことが多かったけれど先生やグループメンバーと相談することで乗り越えることができました。苦労が大きかった分、今振り返ると学びも大きく、今の仕事に活かせていると思います。また、幅広い年代、経験の違う仲間とともに学ぶことは学業以外にもかけがえのないものを得ることができました。

現在の勤務先

東京都保健医療公社豊島病院の循環器・血液内科病棟で日々勉強の毎日です。

休日の過ごし方

休日は疲れをとるためにショッピングやランチで気分転換。もしくは寝ています。もちろん、疾患や心電図の勉強も忘れません。

看護師を目指す方へメッセージ

仕事は大変ですが、新しいことを学んで、知識・経験を重ねていくことはとても楽しいし、やりがいを感じます。学校を卒業した後も勉強の連続で、ゴールなんてないのかもしれません。これからもどんどん知識を吸収し、経験を積んでがんばって行きたいと思います。