在校生・卒業生の声

在校生からのメッセージ

H.Hさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

私は経済的な理由から働きながら学校に通おうと思っていました。進学先を決めるうえで働きながら看護師免許を取得するには学業と仕事を両立する必要があると考えました。上板橋看護専門学校は奨学金制度が充実していることや、他校に比べ教員の人数が多く、手厚い指導が受けられることに魅力を感じ、進学を決意しました。

メッセージ

上板橋看護専門学校には、フォローして下さる先生方や頼りになる先輩、励まし合えるクラスメートがたくさんいます。学校と仕事にと、とても忙しい日々を送ってますが、恵まれた環境であり、とても充実した日々を送っています。進学を考えている皆さん、ぜひ私たちの学校に入学し、一緒に看護師を目指しましょう。

M.Uさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

准看護専門学校での実習中、自分が患者様にできることの少なさを感じ、より広いケアを学びたいと思ったのが進学を決めたきっかけでした。上板橋看護専門学校は国家資格取得のための講義はもちろん、実習施設が医療機関にとどまらず、保育園や訪問看護ステーション等自分自身の可能性を広げてくれる教育課程が組まれていることが志望の動機です。

メッセージ

上板橋看護専門学校には性別、世代も様々で中には実際の准看護師としての勤務経験のある学生もいます。講義以外にも卒業から実際の勤務までを含む准看護師としてのリアルな知識を「広く深く」得ることができ、毎日内容の濃い学校生活を送っています。また、秋には学園祭もあり、学生としての楽しみも用意されています。受験をお考えの皆さんも上板橋看護専門学校で一生の仲間、一生の知識を得ませんか。

R.Hさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

科学的根拠や倫理的配慮をもとに質の高い看護を提供することが当たり前の時代になってきました。上板橋看護専門学校は働きながら学べるので、学校で学んだ科学的根拠や倫理観を職場で実践できます。更に奨学金制度も充実していて、詳細を事務の方が説明してくださるので、自分に合ったプランで安心した学校生活を送ることができます。

私の宝物

子供が私の宝物です。どんなに疲れていても子供の顔を見ると「明日も頑張ろう」という気持ちになれます。

メッセージ

私はシングルマザーで進学を決意しました。もちろん周りの協力があってですが、思いきって入学して良かったと思っています。これからも常に学ぶ姿勢や初心を忘れずに成長していきたいです。

R.Sさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

経済的な理由から、働きながら看護師免許を取得できる学校へ進学しようと考えていました。
上板橋看護専門学校では奨学金制度も充実しており、働きながら看護師免許を取得できるという理由で進学を決意しました。

趣味

趣味は映画鑑賞です。休日には映画館に1人でも行くぐらい好きです。それからお酒が好きなので、休みの時は友達と飲みに行くこともあります。

メッセージ

学業と仕事の両立はハードで大変です。ただ先生方もそれを理解していただいているため、勉強もしやすいです。周りの友達も経験が様々な人が多く、日々楽しみながら一生懸命勉強できるところが良いところです。

K.Mさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

私が上板橋看護専門学校に決めた理由は、働きながら学校に通うことができるところと病院からの奨学金を借りて学生生活を送ることができることで決めました。なぜ東京なのかと言われると、一度は上京したいと考えていたので、学校に通うことをきっかけに3年間過ごしてみようと思いました。

メッセージ

入学してからは、生活、学校、仕事に慣れるのが大変です。けれども技術力も身につきながら勉強しているので、これもよい経験だと思います。学校も年齢幅が広く経験者もいるので教えてもらうこともできます。国家試験合格という目的は皆さん決めていると思います。場所はどこであれゴールは一緒なので、きっかけとして上京してみるのもよいと思います。

A.Kさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

准看護学校卒業後進学せず社会人になりましたが、いつかは看護師になりたいと思い学校を探していました。そして当校に出あい説明会に参加し奨学金や専門実践教育支援制度について説明を受けました。主に経済面で迷っていた為すぐに受験を決めました。昼間定時制なので昼夜逆転もなく、じっくり
勉強していけるところが魅力でした。

マストアイテム

スマホで資料を読み込み、アプリで勉強することが多いです。かさばらずどこでも開けて便利です。遊ばないように気をつけてます。

メッセージ

入学してからは、生活、学校、仕事に慣れるのが大変です。けれども技術力も身につきながら勉強しているので、これもよい経験だと思います。学校も年齢幅が広く経験者もいるので教えてもらうこともできます。国家試験合格という目的は皆さん決めていると思います。場所はどこであれゴールは一緒なので、きっかけとして上京してみるのもよいと思います。

Y.Fさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

上板橋看護専門学校は奨学金制度がとても充実しており、仕事と学業の両立がしやすいと思い入学を決めました。慈誠会グループ内の病院に勤務する事ができ、先輩方から仕事や学校の事など多くの情報を教えていただく事ができるのも魅力に感じました。

私の宝物

私の宝物は地元の友達や家族です。上京して初めての生活や環境の中で戸惑っていますが、地元の友達と連絡を取り合い、いつも支えてられています。

メッセージ

目標は3年後、看護師国家資格を取得する事と、小さな命を守りながらより多くの子ども達を看護できる小児科の看護師になる事です。その為に、1年生のうちから仕事では技術向上、学校では勉強に力を入れて頑張りたいです。

卒業生からのメッセージ

N.Nさん

在学中の思い出

准看護師からもう一歩学びを深め、受け身の勉強から主体的な勉強になった時は楽しくなりました。また授業や実習から、どんな看護師になりたいかを考えるきっかけも沢山ありました。そして何より、共に学び、実習・国家試験を乗り越えた友人は卒業しても大切な存在です。それぞれの場所でみんな頑張っているのだと思うと、自分も頑張ろうと思えます。

現在の勤務先

国家公務員共済組合連合会三宿病院 3階南病棟(外科病棟)に勤務しています。主に周手術期の患者さんと接することが多く、消化器・泌尿器・脳外科・整形などの混合病棟なので学ぶことは多いですが、1年目はペアワークがあるため、先輩に質問・相談がしやすいです。

休日の過ごし方

家族や友人と美味しいものを食べたり、転居したばかりの近所を散策してリフレッシュしています。

看護師を目指す方へメッセージ

入学当初は看護師になることが目標でした。しかし資格取得は看護師のスタートラインに過ぎません。3年間学ぶ中で、色んな疾患を持つ患者に対応できる看護師になりたいと思うようになりました。今はできないことも多いですが、プリセプターや先輩達からの指導やサポートを受けて学んでいます。いつか、患者さんにいてもらって良かったと思っていただけるような、それぞれの患者さんの生活を踏まえた看護ができるよう日々精進の毎日です。

T.Nさん

在学中の思い出

とにかく、働きながら勉強するという事が大変でした。ですが、クラスメイトにも恵まれ、困難な事も乗り越える事ができました。そんな、良い仲間ができた事が3年間の思い出となっています。また、実習では先生や指導者の指導をもとに、グループメンバーと協力をすることで、乗り越える事ができました。楽しい事ばかりではなく、時には辛いこともありましたが、支えてくれた仲間がいたからこそ、今の自分があると思っています。仲間の大切さをとても感じた3年間でした。

現在の勤務先

国立病院機構埼玉病院、 CCU配属となり勤務しています。日々急性期の看護、病態について学習しています。

休日の過ごし方

のんびりする事が好きなので、公園に散歩に行きます。仕事とのオンオフをつけられるよう、気をつけています。

看護師を目指す方へメッセージ

希望だった、集中治療の分野に携わる事ができています。急性期の現場なので、毎日勉強する内容は山積みです。ですが、その分やりがいがあると感じています。急性期看護を通して活躍できる看護師になる事が、今の自分の目標となっています。

Y.Kさん

在学中の思い出

私は学校での生活で印象に残っているのは勉強への取り組みです。もともと勉強は苦手でしたが、臨床経験があったので、また学校で勉強できるというのは、一つの楽しみでもありました。准看護師として臨床経験がある人もいるため、自分の苦手な分野の人たちと実際の経験を含めて共に勉強し、わからないところは先生に相談し、わからないことがわかるようになることで、3年間楽しく勉強することができました。苦手な分野と決めつけていた教科でも興味を持ち勉強に取り組むことができ、この経験は今後の看護にも役立つと思っています。

現在の勤務先

静岡県の地域医療振興協会伊豆今井浜病院で外科病棟で勤務しています。伊豆今井浜病院は目の前が海で病棟からは伊豆の海が一望できる病院です。

休日の過ごし方

伊豆ということもあり、おいしいものを食べたり、温泉に入ったり、観光地巡りをしています。

看護師を目指す方へメッセージ

准看護師ではなく、看護師になったことで、今後の選択肢の幅が広がりました。今はまだ目標は決まっていませんが、今の病院では認定看護師や、38特定行為すべてできるNDCの人もいるので、身近な人たちから話を聞いたりしながら、自分の目標を見つけていきたいと思っています。

S.Aさん

在学中の思い出

私は家庭があり子どもがいます。上板橋看護専門学校は年齢層の幅が広いですが、みんなで助けあいとても仲がよかったです。私の在学中印象に残っていることは、学園祭と実習です。学園祭では実行委員を務め、模擬店の責任者として奮闘しました。先生とも和気あいあいと楽しい時を過ごしました。だから、学園祭の打ち上げでは達成感でいっぱいでした。実習では苦労を共にしてグループの絆が深まりました。夢を叶えるために仲間で支えあったことは、私の宝物です。

現在の勤務先

現在は希望していた榊原記念病院の小児病棟に配属となり勤務しています。まだまだ仕事は慣れませんが、毎日新しいことを学んでいます。

休日の過ごし方

休日はリフレッシュするために、好きな宝塚を観劇したり、普段忙しくてできない家族サービスをします。

看護師を目指す方へメッセージ

上板橋看護専門学校での学生生活は、とても居心地がよかったと実感しています。信頼できる仲間と、私達を尊重してくださり親身に相談にものっていただいた先生方のおかげで、看護師となることができました。看護師を目指しているみなさんも、是非がんばってください。

N.Tさん

在学中の思い出

働きながら学校に通うことがとにかく大変でした。実習では患者様の個別性に合わせた看護が思うようにできず、悩むことが多かったけれど先生やグループメンバーと相談することで乗り越えることができました。苦労が大きかった分、今振り返ると学びも大きく、今の仕事に活かせていると思います。また、幅広い年代、経験の違う仲間とともに学ぶことは学業以外にもかけがえのないものを得ることができました。

現在の勤務先

東京都保健医療公社豊島病院の循環器・血液内科病棟で日々勉強の毎日です。

休日の過ごし方

休日は疲れをとるためにショッピングやランチで気分転換。もしくは寝ています。もちろん、疾患や心電図の勉強も忘れません。

看護師を目指す方へメッセージ

仕事は大変ですが、新しいことを学んで、知識・経験を重ねていくことはとても楽しいし、やりがいを感じます。学校を卒業した後も勉強の連続で、ゴールなんてないのかもしれません。これからもどんどん知識を吸収し、経験を積んでがんばって行きたいと思います。