全国から集まる学生

全国から集まる学生:地図

from 熊本県

平成27年入学 第7期生
A.H さん
八代看護学校出身

A.Hさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

准看護学校での実習で、患者様と初めて関わりを持つ中で、自分が提供しなければならない看護が見出せず、自分の能力の無さがとても嫌になり、もっと知識や技術を身につけたいと思い進学を決意しました。私の准看護学校の先輩が当校に進学されており、お話を聞くと、仕事をしながら学べ、自分を成長させることができる環境であると伺い当校を志望しました。

私の宝物

毎日仕事に学校に一生懸命がんばっている中で色んなことを感じ日々生活しています。それらを共有できる家族や友達が私の宝物です。

Message!!

毎日仕事に学校に一生懸命がんばっている中で色んなことを感じ日々生活しています。それらを共有できる家族や友達が私の宝物です。

from 広島県

平成27年入学 第7期生
N.Nさん
安佐准看護学院出身

N.Nさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

進学を決意した理由は、専門的知識と技術を学び、質の向上を目指し自己研鑽を図りたかったからです。そして看護師になり、自分で考え判断し、動ける人材になりたかったからです。
入学を決めた理由として、①働きながら学べること②奨学金の制度の活用③実習先が有名な病院が多く、様々な病院・病棟で看護を学ぶことができることです。

私の宝物

人とのかかわりから得た、知識・視点
患者さんからいただいた手紙

Message!!

私は将来、訪問看護認定看護師・特定看護師になることを目指しています。
これからの日本は超高齢社会に突入するため、地域包括ケアシステムの中での看護の役割、医療の連携を果たすとともに、在宅生活の継続のための人的資源として活動していきたい。

from 埼玉県

平成27年入学 第7期生
N.Nさん
蕨戸田市医師会看護専門学校出身

N.Nさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

上板橋看護専門学校に進学を決めた理由は、母校の先輩が通っていた事と働きながら学べる環境に魅力を感じたからです。進学を決めた時、もっと知識をつけたいと思うと同時に、准看護師として経験も積みたいと考えていたため、当校ならば学校、臨床から学びが深められると思い入学しました。

私の宝物

私の宝物は家族(夫と愛猫)です。仕事と学校で疲れていても、支えてくれる家族がいることは幸せだなぁと思います。

Message!!

入学した当初は、看護師になることが目標でした。しかし、3年目になって考えることは看護師になることは通過点なのだと思うようになりました。きっかけは、この学校の教員や外部講師の先生方です。同じ資格であっても働き方は様々で、視野を広くすることができたと思います。

from 宮崎県

平成28年入学 第8期生
H.Kさん
小林西高等学校/衛生看護科出身

H.Kさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

宮崎の地元で約2年間、准看護師兼定時制の高校を行き来してました。当時18、19歳の私は社会経験が少なく、もっと人としても医療従事者としても成長したいと思っていました。そんな時に目にしたのが上板橋看護専門学校の“働きながら学べる”システムでした。さらに全国から集まる幅広い年齢の人達と同じ目標で学べる環境は、様々な情報共有の場であり、互いに良き刺激を受けることができると考え、進学を決めました。

私の宝物

私の宝物は、准看護師の資格を取得する前に患者様から勇気をもらった言葉です。
「あなたたちの笑顔が何よりも効く薬なんだよ」

Message!!

目標はもちろん国家試験合格です。理想の看護師像は、患者様と同じ目線に立ち、安心して頂ける看護を提供できるです。そのために大切だと思い、心掛けていることは、“目配り・気配り・心配り”の3つがどこの場面においても自然にできることです。

from 宮城県

平成28年入学 第8期生
M.Oさん
仙台市医師会看護専門学校出身

A.Hさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

私は准看護学校を卒業後、臨床現場で1年だけではありますが勤務していました。実際に現場に出てみると、専門職としてより高度な知識・技術が求められます。より良い看護を実践していくためには更なるステップアップが必要だと思い、進学を決意しました。上板橋看護専門学校を選んだ理由は、働きながら学ぶことが出来る体制が整っていたためです。奨学金制度も充実しているため、経済面の心配をすることなく学業と仕事を両立することができます。

私の宝物

准看護師として働いていて、「あなたがいてくれて本当に良かった。」と患者様から言われたこの言葉が宝物であり、忙しい毎日を頑張る元気の源です。

Message!!

私は地元を離れて初めての一人暮らしで、学校と仕事の両立をしていかなくてはという大きな不安がありました。しかし、仲間や先輩、先生方に支えられて忙しいながらも充実した毎日を過ごしています。進学を考えている皆さん、ぜひ私たちと一緒に素敵な看護師を目指しましょう!

from 福岡県

平成29年入学 第9期生
A.Kさん
久留米医師会看護専門学校出身

A.Hさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

上板橋看護専門学校に進学を決めた理由は、まず、学業と仕事を両立できることです。臨床と学校での学びを結びつけることで、より実践的な看護に繋げることができると思ったからです。もう一つの理由は、経験豊富な先生方がいることです。入学以前より先輩方から話を聞いており、私も経験豊富な先生方に多くのことを教えていただきたいと思い、入学しました。

私の宝物

私の趣味が「フルート演奏」なので「フルート」が宝物です。

Message!!

入学してから仕事と学業の両立は大変ですが、ON、OFFをしっかりと分けているので、仕事、学業、プライベートも充実した時間を過ごせています。

from 青森県

平成29年入学 第9期生
S.Kさん
双仁会厚生病院附属看護専門学校出身

A.Hさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

夏休みにオープンキャンパスに参加し充実した奨学金制度があることを知ったことと、一度は東京で働きたいという強い思いから上板橋看護専門学校に決めました。入学後も、幅広い年齢層の学生がいるため、毎日勉強になり、楽しい学生生活を送っています。

私の宝物

友達です。地元の友達は、今でも毎日のようにLINEしています。辛いときも楽しいときも共有できます。今の学校でも新しい出会いを大切にしていきたいです。

Message!!

将来は海外で働いてみたいので国際看護師に興味を持っています。そのために勉強をがんばりたいです。

from 岩手県

平成29年入学 第9期生
Y.Iさん
一関准看護高等専修学校出身

A.Hさん

上板橋看護専門学校に決めた理由

新しい土地での様々な人との出会いや経験を通し、視野を広げ、一人の人間として自立し、成長したいと思い、上京を決めました。上板橋看護専門学校を選んだ理由は、働きながら学べること、奨学金制度が充実していたからです。経済的にも負担が少ないし、学校で学んだことを仕事ですぐに実践し、知識と技術を身につけられるというメリットもあると思います。

私の宝物

家族です。離れていても私のことを応援してくれています。かけがえのない存在です。

Message!!

クラスの年齢層は幅広いですが、皆仲良く和気あいあいと過ごしています。新生活に不安もありましたが、周りの人に支えられながらも充実した学校生活を送っています。

出身准看学校(過去5年)

●北海道小樽市医師会看護高等専修学校、帯広市医師会看護高等専修学校、北見医師会看護専門学校 ●青森県青森市医師会立青森准看護学院、済誠会附属十和田准看護学院、双仁会厚生看護専門学校、弘前市医師会看護専門学校、三沢中央病院附属准看護学院 ●秋田県秋田市医師会立秋田准看護学 ●岩手県一関准看護高等専修学校 ●宮城県石巻市医師会附属准看護学校、大崎市医師会附属准看護学校、気仙沼市医師会附属准看護学校、塩釜医師会附属准看護学院、仙台市医師会看護専門学校 ●福島県いわき市医師会附属いわき准看護学校、白河医師会白河准看護学院 ●栃木県佐野市医師会附属佐野准看護学校 ●群馬県吾妻准看護学校、太田看護専修学校、藤岡准看護学校、前橋市医師会立前橋准看護学校 ●茨城県土浦市医師会附属准看護学院、水戸市医師会看護専門学院 ●埼玉県朝霞地区医師会立朝霞准看護学校、大宮医師会立大宮准看護学校、桶川北本伊奈地区医師会立准看護学校、川口総合病院附属准看護婦学校、川越市医師会川越看護専門学校、熊谷市医師会附属准看護学校、熊谷准看護学校、草加八潮医師会准看護学校、所沢医師会立所沢准看護学院、鴻巣准看護学校、比企医師会立比企准看護学校、蕨戸田市医師会看護専門学校 ●東京都愛国高等学校/衛生看護科、板橋区医師会立看護高等専修学校、江戸川看護高等専修学校、荏原医師会立看護高等専修学校、葛飾区医師会附属看護専門学校、蒲田医師会立看護高等専修学校、北区医師会看護高等専修学校、下谷医師会立看護高等専修学校、渋谷区医師会附属看護高等専修学校、新宿区医師会立看護高等専修学校、すみだ医師会立看護専門学校、世田谷中央看護高等専修学校、東京精神科病院協会府中看護高等専修学校、豊島区医師会立看護高等専修学校、調布市医師会立看護高等専修学校 ●千葉県香取郡市医師会附属佐原准看護学校、木更津看護学院、野田准看護高等専修学校、市原看護専門学校 ●神奈川県川崎市医師会附属准看護学校、相模原准看護学院、藤沢市医師会湘南看護専門学校 ●山梨県甲府看護専門学校 ●長野県上伊那医師会附属准看護学院 ●岐阜県岐阜市医師会准看護学校 ●広島県安佐准看護学院 ●愛媛県聖カタリナ女子高等学校/衛生看護科 ●福岡県福岡市医師会看護専門学校、久留米医師会看護専門学校、筑紫看護高等専修学校 ●大分県東九州龍谷高等学校/衛生看護科、別府市医師会看護専門学校、日田市医師会立日田准看護学院 ●宮崎県日南学園高等学校/衛生看護科、小林西高等学校/衛生看護科 ●熊本県八代看護学校、天草郡市医師会附属天草准看護高等専修学校 ●鹿児島県加治木女子高等学校/衛生看護科、南九州市立頴娃准看護学校